鹿児島県内で導入する際の市独自の補助金

鹿児島というと、冬はほとんど雪が降りません。
太陽光発電システムにとって、冬場の雪がパネルに積もると、発電効率が大きく下がります。
そういった意味で、冬場の発電に関しては、問題がないと思われます。
一方で、鹿児島の場合、別の問題を抱えています。
それは、火山灰です。
鹿児島県民の象徴である桜島ですが、そこから降り注ぐ火山灰は、太陽光発電にとって、ありがたいものではありません。
灰が積もって、その後雨でも降れば、パネルが汚れてしまいます。
そういった意味では、メンテナンスが大変なのが、鹿児島かもしれません。
そんな鹿児島では、そのようなマイナス要素を越えて太陽光発電システムを導入してくれる人に対して、補助金を提供しています。
まず鹿児島市です。
「平成24年度 鹿児島市住宅用太陽光発電システム補助制度」というのがあります。
この補助金の申請期間は、2012年4月2日から2013年3月31日までとなっております。
「平成24年度 鹿児島市住宅用太陽光発電システム補助制度」は、太陽光発電システムを取り付ける個人や、太陽光発電システム付きの住宅を購入する個人を対象としております。
補助金の金額は、1キロワットあたり35000円で、上限105000円となっております。
つまり、3キロワット分ということです。
なお、数に限りがあります。
補助を予定している件数というのが1500件となっておりますので、お早めに。
次は霧島市です。
霧島市では、「霧島市住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」を実施しています。
この対象となるのは、市内の住宅や店舗兼住宅にあらたに太陽光発電システムを導入する個人です。
新築でも後付けでも構いません。
ただし、これ以外にも条件がありまして、国で行っている太陽光発電の設置補助金の交付を受けなければなりません。
補助金の金額は、1キロワットあたり30000円で、5キロワットを越える分については、1キロワットあたり20000円となります。