メガソーラー鹿児島

今、鹿児島県では再生可能エネルギーの導入として、大規模な太陽光発電「メガソーラー」に注目が集まっています。
もちろん、「電力の固定価格買取制度」 がスタートして以来、日本全国で「メガソーラー」の計画が立ち上がっていますが、特に、国内最大の70MWのメガソーラー発電所を鹿児島市内に建設する計画は注目を集めています。
さらに、個人の家庭でも太陽光発電システムの設置をする事例が増えています。
その際には、注意しないといけない点があります。
まず、必ず複数の業者から見積もりを取ることです。
設置するそれぞれの家の屋根の形状、屋根の傾き、方角が異なり、発電量も変わります。
また日照時間も発電量を決めるために重要な要素です。
このような要素を考慮してしっかり見積もって比較して下さい。
また。
どのメーカーの装置をつけるかを費用対効果を元に決めて下さい。
どのメーカーが住んでいる家に向いているのかは、前述した手見積もりで比較検討することになります。
施工業者については、メーカーの指定する施工業者の講習会を卒業したメーカーの指定する正式な施工業者を選びましょう。
また、現在太陽光発電を設置するための補助金制度が国、そして鹿児島、そして鹿児島の各市町村にありますが、補助金の予算が限られているので、、早い者勝ちとなっています。
また。
装置についてはメーカーによる10年保証がありますが、メンテナンスをしっかりすれば、通常20年ほど使用し続けることができます。
そのようなメンテナンスをこまめにやってくれる業者を選んで下さい。